車検

車検とは

車検とは「自動車検査登録制度」を省略した言葉です。

 

国土交通省が定めた「道路運送車両法」に基づき、「保安基準」に適合しているかどうかの確認のために行われています。

 

また、車の所有者を公証する制度でもあります。車検を受けていない車は公道を走ることはできません。

 

万が一、期限までに車検が受けられなかった場合にも、再び車検を受ければその車も走ることができるようになります。

 

ただ、車検切れの状態で行動を走れませんから、仮ナンバーを発行してもらうかキャリアカーなどで車検場に運ぶなどをする必要があるでしょう。

 

自家用車と自家用の軽自動車は、初回は3年、以後は2年ごとに車検を受ける必要があります。

 

本来は購入の際にも「新規検査」の車検が行われていますが、購入先の販売店が代行することがほとんどであり、一般的に車検といえば購入後のものを指しています。

 

車検の際には、検査費用だけでなく自賠責保険料や自動車重量税なども一緒に支払います。これらを含めて「法定費用」と呼ばれています。

 

エコカーですと減税があるため、重量税は安くなります。

 

また、新車登録から13年を超えると高くなります。排気量によっても差があります。大体、軽自動車では3万円前後、自動車の場合は3万6,000円〜7万7,000円ほどになります。

 

車検にかかる費用


自賠責保険料、自動車重量税、印紙代は法廷費用と呼ばれ、必ず必要です。

 

現在のところエコカーであると減税があるため、重量税が少し安くなります。反対に、新車登録から13年を超えた車は高くなります。

 

排気量でも差がありますが、法定費用の合計は3万6,000円〜7万7,000円ほどです。また、法定費用は法律で定められた費用ですから、どこで車検を受けても同じ金額です。

 

他に、検査のためのお金がかかります。陸運局であれば必要はありませんが、車検に通らなかったときには大変です。

 

検査で指摘された箇所を直し、再び持ち込む必要があります。

 

ガソリンスタンドの車検は、一般的に安いといわれていますが、最低限車検に通るためだけの点検となっているからです。

 

部品の交換などがなければ、2万円ほどでできる場合もあります。反対にディーラーの車検は、車検後の次の点検まで走れる安全を考慮して行います。

 

そのため車検に通りそうな部品でも交換してしまうこともあり、値段は5万〜10万円前後と高くつきがちです。

 

価格を抑えたいなら陸運局に持ち込むユーザー車検かガソリンスタンドでの車検がよいですが、普段から適切なメンテナンスを心がける必要があります。

 

法定費用とその他の費用の合計で、少なくとも6万円ほど、多い場合は20万円ほど必要です。